沖縄観光でなにをするのか事前に考えて決めておく

下調べなしに現地で情報を集めて観光地を回ろうとしても自分が納得する観光をできるかは微妙です!やはり事前に情報を集めて自分が一番と思える観光をしましょう♪ - 旅行の申し込み・キャンセル・延泊トラブル

旅行の申し込み・キャンセル・延泊トラブル

沖縄観光が決まっても、ひとによっては事情によりキャンセルの場合もあるでしょう。
そのときは、きちんとした対処をする必要があります。

 

MP900313889-150x150
沖縄旅行だけではありませんが、旅行の申し込みとキャンセルについて知っておきましょう。
気に入ったツアーが決まって、申し込もうと思ったら、申し込み期限が過ぎていた。
楽しみにしていた旅行でそういったことがあると、目も当てられません。

 

一般的にツアーも申し込み期限は出発の7日前になります。
これには理由があって、ツアーに予約が入らなかった場合に、旅行会社が確保した座席をJRや航空会社に返す日が決まっているからです。

 

せっかく旅行のために空けた数日を無駄にしないためにも、決めたら即決するのがおすすめです。
また、キャンセルについても重要な項目です。

 

急に旅行に行けなくなることもあるでしょう。
仕事や家庭の事情など理由は様々です。
急にいけなくなったら、その時は旅行の取り消しやキャンセルをする必要があります。

 

MP900385989-150x150
キャンセル時にかかる料金は、出発3週間前くらいから発生します。
出発日が近づくにつれて割り増しになってくる旅行会社が多くあります。
安く旅行出切るのが、旅行会社が企画したプランやフリーツアーのいいところですが、キャンセルになったとしたら、無駄な費用がかかってしまうので注意しましょう。

 

また、個人の都合ではなく、沖縄の気候により台風がやってきてキャンセルや延泊の手続きが必要な場合もあります。
旅行先という普段と違う環境で、延泊などのトラブルで冷静に対処できないひともいますが、あわてないで行動するのがポイントです。
ほとんどの宿泊施設では台風が近づくと欠航に備えて延泊の意思を確認してくれます。

 

どうしても帰らなければいけない人は空港のチケットカウンターで『特別空席待ち整理券』をもたって、番号が呼ばれるまで待機しましょう。
もし、飛行機が飛ばない場合は元の宿に戻るか、那覇空港観光案内所などに連絡して空港に近いホテルを紹介してもらいましょう。

関連する記事

ページ上に戻る